2008年02月10日

品川と大森の弁天さま。

FSCN0415.JPGFSCN0355.JPGFSCN0397.JPGFSCN0396.JPG

天王洲アイルから、京急北品川に向かうと、昔はそこが目黒川の
河口の砂洲であった事を意味する利田神社(州崎弁天)がある。
福寿弁財天社と書かれた提灯、垂れ幕、賽銭箱、水桶、狛犬の台座にも
ミツウロコとゆーか弁天さまのマークが書かれていて、見た目は
ボロでも神々しい〜☆☆
写真を撮っていたら、散策会と思しき老人の方たちがやって来たので、
そそくさと退散し新馬場まで歩いて、品川神社には寄らず京急に乗った・・・。

京急蒲田のひと駅前の梅屋敷で降りる。
舗装された商店街通りをだらだらと東に10分ほど歩くと、羽田を
かすめて川崎沿岸の工業地帯を抜ける産業道路にぶつかるのたが、
そこの公園と駐車場の中に、窮屈そうに三輪・厳島神社(弁天神社)が
あった〜☆☆
社殿は新しめだが、彫刻はなかなか気合いが入っていて気持ち良い。
銭洗弁財天社があるのは横浜弁天と同じだが、こちらはイタズラが
多かったせいか、洗い場はコンクリと石で固められてしまっていた〜★★
肝心の弁天さまも、周囲が掘られているのに水無しで寂しそう〜★★
今まで知らなくてスイマセン、これからもお守り下さいませ・・・。
ラベル:弁天さま
posted by DSC-S40 at 22:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。