2007年07月12日

旗の台の由来。

●★旗岡八幡神社(東京都品川区旗の台)
DSC06075.JPGDSC06063.JPG
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai/09_shinagawa/9026.html

旗の台の由来となった八幡さま、しかし最寄り駅は東急大井町線の荏原町と、なぜか旗の台の隣の駅前にあり、その荏原町駅は実はまだ中延で、実際の荏原町からは遥かに遠い・・・。んな謎は誰も解決してくれないのかグーグルさんよぉ〜(笑)。

アフター17に期待せずに寄ったら、拝殿がまだ開いてて、いい感じの写真が撮れてご満悦〜☆☆ 社務所もまだ開いてて、筒を振り、おみくじを頂いたら、なんと既製品のようですが、今まで見た事が無いもので、ちょっとビックリ。あぁー、スキャナーが欲しいなぁー・・・。

■おみくじ 第八番 吉
向つ岡の 若楓の木 下枝取り 花待つい間に 嘆きつるかも
作者未詳 七・一三五九
→万葉歌のようですが、さて・・・。
posted by DSC-S40 at 23:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駅名の荏原町は戦前の荏原区になる前の荏原町時代の名残なのでは〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%8F%E5%8E%9F%E9%83%A1
Posted by くだんのおやじ at 2007年07月15日 23:54
おいらもそう思ったんスガ、荏原町=荏原区の中心は、今の第二京浜沿いではなく、中原街道の平塚橋周辺(現在の荏原町)だったと思われます〜☆★ 税務署などが、現在でもそっちに残っています・・・。

これは私見ですが、昭和初期に池上鉄道とライバル関係にあった目蒲鉄道が、大井町線を敷く際に池上鉄道の荏原中延駅を最寄り駅とされるのをけん制して、もしくは荏原町の駅名を取られたくないために、無理して「荏原町」駅と名付けたのではないでしょうか・・・(開業は大井町線の方が若干早い、旗の台の交差は上だけど・・・)。

これと同様なのが、大井町線の北千束駅、かつては洗足公園駅だったとか・・・。池上線の洗足駅は、降りたら公園なんで、さすがにこれはクレームになったか(笑)。
Posted by DSC-S40 at 2007年07月16日 16:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47725405
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。