2007年06月30日

山手〜本牧山(和田山)。

●●本牧神社(神奈川県横浜市中区本牧和田)
R0011374.JPGR0011386.JPGDSC05585.JPGDSC05574.JPG
●公式http://www.honmoku.or.jp/

岬の方面は、自家用車も無く、バスに酔いやすい人間にはある意味鬼門。そんなワケで、横浜市本牧方面はまるっきり足を踏み入れた事の無いゾーン。そこに位置する本牧神社は、JR根岸駅から歩くと軽く40分オーバーだと思われたので、手前の山手駅で降りて本牧山頂公園経由で訪ねてみたら、30分弱で着いた・・・。
山の稜線をひたすら歩くコースは、海からの風が感じられなかなか爽快〜☆☆ 背後から神社に詣でるのって、なんか戦国時代の奇襲作戦みたいで、これもいとおかし。

ここでも茅の輪が飾れてましたね。おみくじは丸めてあるのを頂いて、広げてみたら金みくじでした。確か第六番の大吉だったハズ〜☆☆
posted by DSC-S40 at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

続・灯台もと暗し。

■萬葉歌みくじって[国宝]なの!?
http://www.janjan.jp/special/0612/0611250336/img/photo120303.jpg

奈良県桜井市の大神(おおみわ)神社(三輪明神、三輪さんとも呼ばれる、http://www.oomiwa.or.jp/)のおみくじは、「萬葉歌みくじ」と呼ばれ、書かれている和歌がすべて万葉集の出典との事。「凶」もあるラシイが、今のところセーフな状態〜☆★

関東では今のトコロ、
●金刀比羅宮(東京都港区虎ノ門)と、
http://kamegeki.seesaa.net/article/39810069.html
●京濱伏見稲荷神社(神奈川県川崎市中原区新丸子東)
の2社で、みくじ筒を振ると頂けるようであります〜☆☆

社務所の前の机には、箱に入った恋みくじもありましたが、
今回引いたのは2つ置いてあった筒のほう、神職さんに百円納めて
振って出た串はオーラスの第五十番・大吉〜☆☆
「おほ宮の うちにてきこゆ あびきすと あごととのえる あまのうたごゑ」
ラベル:おみくじ
posted by DSC-S40 at 23:00| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灯台もと暗し。

●★京浜伏見稲荷神社
R0011295.JPGR0011306.JPGR0011322.JPGR0011340.JPG

多摩川渡ってすぐ、東急線の新丸子駅そばにこんな立派なお稲荷様があったとわ〜☆★ ホームページ無いらしいけどなんでだろ・・・。
日勤帰りに寄ったので、おみくじは引けず。明日リベンジしよう。
posted by DSC-S40 at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

青梅街道(その4)。

●★馬橋稲荷神社
DSC05516.JPGR0011285.JPGDSC05520.JPG
posted by DSC-S40 at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青梅街道(その2)。

●★井草八幡宮
DSC05383.JPGDSC05421.JPGDSC05408.JPGR0011255.JPG
posted by DSC-S40 at 20:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

浅草橋周辺、もう七夕か。

R0011153.JPGDSC05283.JPGDSC05291.JPG
雨の切れ間の夜勤明けに、ちょいと探索〜☆★

●写真左/通りに面した問屋さんの七夕の飾り付け

●写真右/須賀神社の勝手に筒振りおみくじ(鎖付き)
→お気持ちを賽銭箱にって、壱円でもいいのかしらん(笑)。
一応百円入れましたがぁー・・・。

●写真下/銀杏岡八幡神社のユニークな狛犬
→赤塚不二夫風!?
posted by DSC-S40 at 20:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

リアル巫女分、ホキュウ〜☆☆

★★東京大神宮(東京都千代田区富士見)
R0011119.JPGR0011123.JPGR0011123RR.JPGDSC05205.JPG
●公式http://www.tokyodaijingu.or.jp/

夜勤明けの平日に、巫女さんを拝みたくなったので、豊洲から有楽町線に乗って飯田橋へ・・・。雨降ってきたし、駅から近いし、帰りは南北線〜目黒線と座席で仮眠出来るので、今のところマイBestなお参りスポットであります〜☆☆

いきなり入り口で巫女さんに接近遭遇〜☆★ 傘差して、なにやら大きなダンボール箱を持って、入り口の階段を上がっていかれましたよ。境内は相変わらず女性比率高し。縁結びかぁー、なにもかも懐かしい・・・って、沖田艦長の気分になっちまったよ(笑)。

雨が降っていたので、英文みくじの箱は見当たらず。せっかくなので、自動おみくじ機には目もくれず社務所へ・・・。「普通の(縁結びでない)おみくじですか?」「はい」「良く振って出た数字を言って下さい」。百円納めてしゃかしゃかと筒を振ると、なんか2〜3本出口で引っ掛かる、一番外側の棒を引いたら第十五番、棚から取って「ようこそお参りくださいました」と手渡されたのは、折り目の無い甲みくじ(白)で「末吉」〜☆★ 

「吹きあれし あらしもいつか おさまりて 軒端にきなく うぐいすのこえ」
今日は大人しくしていよう・・・。
ラベル:巫女さん
posted by DSC-S40 at 23:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

らき☆すた、巫女萌え〜☆☆

kagami1.JPG20070625104845.jpgkagami3.JPGkagami4.JPG
第12話「お祭りへいこう」の、Bパート(後半)は良かったー!!
いわゆる初詣での回なんだケド、ツンデレツインテールの突っ込み役、ヲタ主人公(女子高生)の隣のクラスの柊かがみのバイト巫女萌え〜☆☆

それにしても、三種の神器が名前の由来とは(違)、さすが神社の娘・かがみん!! 柊の家も実在するみたいだし、近いうちにまた半蔵門線〜東武伊勢崎線急行に乗って、鷲宮神社まで行こうか・・・。

●柊家、こなたの家のモデル
http://twilight-town.sakura.ne.jp/rakisuta/rakisuta1.htm
ラベル:らき☆すた
posted by DSC-S40 at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

高田の鎮守さま。

●●高田天満宮(神奈川県横浜市港北区高田)
DSC05149.JPGDSC05156.JPGDSC05172.JPGDSC05185.JPG

もう20年以上住んでいるのに、あまりお参りせずに過ごしてました、スイマセン〜☆★
地下鉄の駅(最初の写真)も出来ることだし、活気が出るといいな。

掲示板の御由緒も紙に手書きで、おみくじ箱も周囲に白い紙を貼って作られた世界にひとつのオリジナルなもの(笑)。参道の脇に無造作に置かれていた、コンクリ鳥居の残骸が気になりましたが、今回お稲荷さんと、弁天さまを見付けて拝む事が出来たので良しっ!!

オリジナルお手製のおみくじ箱は、お金を入れるトコロが無いので、引くのを躊躇していたら、ガラスの向こうにお爺さんがいらっしゃるではないでスカ・・・。声掛けようよ〜(笑)。
百円納めて引いたのは■甲みくじ(白)第四五番・中吉でした〜☆☆

「ひきしおの 引くはみちくる あしたあり 心しずかに ときをまつべし」
待てば海路の日和はあるのかぁー・・・。

●夜景Navi 高田天満宮(音が出るのでチューイ!!)
http://www.yakei-navi.com/kouhoku_takadatenman.htm
→うちのヘボいコンデジでは、こんな写真はとても撮れません(笑)。
posted by DSC-S40 at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

本八幡〜船橋へ(その3)。

●●船橋大神宮(意富比(おおい)神社)/(千葉県船橋市宮本)
DSC05129.JPGR0011090.JPGDSC05142.JPG
http://www.chuokai-chiba.or.jp/f-honcho/daijing.html

↓↓しまった、灯明台見損ねた〜☆★
http://www.city.funabashi.chiba.jp/bunka/siteikobetu/5toumyou.htm
土曜なのに、巫女さんはいらっしゃいませんでした、残念〜★★
posted by DSC-S40 at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本八幡〜船橋へ(その2)。

××八幡の藪知らず/不知森神社(千葉県市川市八幡)
DSC05101.JPG
●ウィキペディア(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B9%A1%E3%81%AE%E8%97%AA%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A
→都営新宿線の本八幡駅で貰った、周辺ガイドMAPに記載されているので寄ってみたのですが、まさか呪いのスポットだったとは〜☆★
鳥居の中に入っちまったヨー・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル。

●×白幡天神社(千葉県市川市菅野)
R0011087.JPG
●公式http://www.h4.dion.ne.jp/~sirahata/index1.htm
→由緒のある天神さまラシイのですが、社務所の前にもおみくじが置かれておらず、くくりつけられている様子も無かったので、普通にお参りして出て来たのですが、HP見ると巫女さんがいらっしゃるようで・・・。拝殿も撮り損ねてるし、機会があったらまた寄ろう〜☆★
posted by DSC-S40 at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本八幡〜船橋へ(その1)。

★★葛飾八幡宮(千葉県市川市八幡)
R0011044.JPGR0011056.JPGR0011078.JPGDSC05107.JPG
●公式(結婚式場)http://www.icnet.ne.jp/~ayoe7q9z/

社務所で筒を振るおみくじ引こうとしたら、二百円でした、高ッ〜☆★
きっと巫女さんの人件費なのかも知れず、それなら仕方ないか(笑)。
ラベル:巫女さん
posted by DSC-S40 at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

雨の綱島稲荷。

××綱島稲荷(神社)
DSC05078.JPGDSC05085.JPG

夏至とは言っても、19時しかも梅雨の雨・・・。
写真に撮れるカナと思って試しにシャッターを押してみたら、フラッシュの反射した雨粒がホタルの光のよう〜☆★

雨の綱島公園には人っ子ひとり居ないし・・・。
早く綱島郵便局に寄って、ヤフオクで落とした、3台目のDSC-S40を引き取ろうっと。

●晴れた日には、上から3つ目の写真参照(横浜七福神めぐり/by たまには多摩に行こう)
http://neko.nekoserver.com/kampeita/tama/new/myouhi/25.html
→しかし、自転車なら兎も角、徒歩で横浜港北七福神めぐりは・・・脱帽デス〜☆★
posted by DSC-S40 at 23:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

石神井川上流(その3)。

●★東伏見稲荷神社
DSC05037.JPG
●公式http://www.higashifushimi-inari.jp/

西武新宿線の東伏見駅からはちと遠く・・・。ただバスの便はいい(2業者が三鷹・吉祥寺に向けて走らせている/10分以内には来る)ので、帰りは吉祥寺駅まで座って帰りました。

拝殿・本殿の裏手に、およそ20以上ものお稲荷さんが、あたかもパットゴルフのコースのように配置されていてビックリ〜☆★

茅の輪を3回ぐるぐる回り、お参りを済ませてから、社務所で私服の男子職員さんに百円納めて筒を振り、おみくじを頂きました。

■十一番・吉 オリジナルの"みくじ"でした〜☆★
posted by DSC-S40 at 23:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石神井川上流(その2)。

●●石神井氷川神社
R0010988.JPG
●公式http://www.ne.jp/asahi/hikawajinja/hikawahp/

実は学生生活のために上京して、最初に住んだのが練馬区東大泉の大泉高校の辺り、確か5丁目。そこから徒歩10分くらいで、石神井公園の三宝寺池の方に出られた。そのまま南ルートか北ルートで、石神井池を通り、定期を使ってまた帰って来る・・・、お気に入りの散歩コースだったのだが、氷川神社の存在にはその時は全く気が付かなかった・・・。

その理由は、駅と言うか池の方には入り口が無く、石神井川の方を向いて参道が開けているからだ。考えてみれば、鉄道が走るようになったのは、まだ百年に満たない。車ももちろん無い時代は、川に沿って道と集落が発生した。その川沿いに住む人々を加護するために、小高い丘に神社が勧請されたのは、自然の成り行きだったろう・・・。
地元の(綱島)諏訪神社も、参道は旧街道の方を向いていて、切り通しの綱島街道は車用の出入り口になっていたっけ・・・。

※工事中
posted by DSC-S40 at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石神井川上流(その1)。

××水神社(石神井公園・三宝寺池)
R0010971.JPGR0010948.JPG

posted by DSC-S40 at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

八丁堀から茅場町へ(その3)。

●●日枝神社日本橋摂社(東京都中央区日本橋茅場町)
DSC04939.JPGR0010913.JPGR0010923.JPGDSC04941.JPG

場所的に、すぐ近くの兜町の鎮守様かと思ったら、そっちは首都高のジャンクション下に兜神社っつーのがあるんですね。
●兜神社/兜町の史跡
http://www.tse.or.jp/about/history/kabuto/site.html

入り口が非常に分かりにくい、つか地元の人しか分からないなこりゃ・・・。
狛犬さんが胸そらし杉で、ほとんどイナバウアー状態〜☆★
本殿を裏の通りから見ると、かなりボロボロでなんとも言えず・・・。
あ、でも拝殿の中は寄進されたお酒でイッパイでした〜☆☆
お稲荷さんのエリアがまた独特な雰囲気でしたが、空が四角い神社さまでありました・・・。

■拝殿の中の畳の上に置かれている、おみくじ自販機に百円入れると、六本木の久国神社にもあった「和英両用みくじ」で、NO.10で小吉、Fairly Good。
「長閑(のどか)なる 春の野中を 家人と 心安けく 行く心地かな」
I feel as if I were strolling on the spring fields with my family. So comfortable!
posted by DSC-S40 at 23:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八丁堀から茅場町へ(その2)。

××新川大神宮
DSC04926.JPG
posted by DSC-S40 at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八丁堀から茅場町へ(その1)。

●●鉄砲州稲荷神社
R0010880.JPGR0010892.JPGR0010900.JPG
posted by DSC-S40 at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

天神さまと明神さま(その2)。

★★神田明神
R0010853.JPG

なんか凄い人出だと思ったら・・・、ん〜舟木一夫特別公演〜☆★
●新橋演舞場八月公演 舟木一夫特別公演キャンペーン in 神田明神
http://www.kandamyoujin.or.jp/news_h19zenigata.html
そう言えばこの前、赤坂の日枝神社でウルフルズがライブしたっけ。
●ウルフルズ、大雨の中“史上初”神社でライブ!
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/43871/

■前回時間切れだったおみくじのリベンジは、社務所の巫女さんに二百円お納めして(高っ!!)、黒筒をシャカシャカ・・・、(なんか軽いなぁー、2回引けないかなぁー)、ぽと、第三番・末吉でした〜☆★

「冬ながら 空より花の ちりくるは 雲のあなたは 春にやあるらん」
→なんて鍵っ子向けの唄(笑)。今はどん底なのかー・・・。
http://sapotan.txt-nifty.com/blog/2006/01/post_f992.html
→ぐはっ、某出版社の編集氏イサゴマンと同じ神託かいっ!!(爆)
posted by DSC-S40 at 23:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。